FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.11 (Mon)

今更ながらガスペリーニ就任を祝う

ガスペリーニ

インテル監督にガスペリーニ氏が就任

6/24紆余曲折をへてインテルの新監督にジャン・ピエロ・ガスペリーニ(Gian Piero Gasperini)氏が就任することが決まりました。
契約は2年の模様。

わたしハンターは恥ずかしながら彼のことを去年までジェノアの監督やってたってことくらいしか知りません。
(白黒の下部率いてたらしいということはちょっとだけ知ってるかも・・・)
というわけで新シーズンがスタートする前にお勉強、お勉強♪


【More】

ガスペリーニ2

wikiより

名前
カタカナ ジャン・ピエロ・ガスペリーニ
ラテン文字 Gian Piero GASPERINI

基本情報
国籍 イタリア
生年月日 1958年1月26日(53歳)
出身地 グルリアスコ





現在御年53歳らしい。監督してはあぶらの乗ったちょうどいい歳と考えて良いんじゃないかと。
個人的に若い監督よりもこれくらいの歳の監督のほうが百戦錬磨な感じがして好きです。
それに銀髪がシブイじゃんw
出身地のグルリアスコがトリノ県だということもあって9歳の時から白黒のユースに入団ですか。(この情報は見なかったことにしておこうw)
パレルモでも5シーズン選手として所属してたらしい。
そして35歳で引退ですか~。
顔から見る限りDFだと思ってたけどMFだったんだね。
ディフェンスやってそうな顔してるんだけどな~







指導歴

初期
1994年、古巣ユヴェントスの下部組織で指導者としてのキャリアを開始。1998年よりプリマヴェーラのヘッドコーチに就任。ドメニコ・クリシート、マッテオ・パーロ、セバスティアン・ジョビンコ、ミケーレ・パオルッチら優秀な若手を育成し、ユヴェントス・プリマヴェーラの黄金時代を築いた。

うん、確かにこの頃の白黒はプリマ充実してましたな~。
若手の指導はなかなか上手いとみていいのかな?
なんとかインテルのプリマからも一皮二皮むけるやつを育ててくれるといいけど。



ジェノア時代

2006年にはジェノアCFCの監督に就任。2006-2007シーズンのセリエBでユヴェントス、SSCナポリに次ぐ3位に入り、チームを13シーズンぶりのセリエA昇格に導いた[1]。

2007-08シーズンは、かつてユースで指導したドメニコ・クリシート、マッテオ・パーロらを率い、イタリアでは珍しい3-4-3システムによる攻撃サッカーを展開。FWマルコ・ボリエッロの活躍もあり、昇格1年目にして10位と健闘した。

2008-09シーズンには積極的な補強により、FWのディエゴ・ミリート、アンドレア・ガスバッローニ、ラファエレ・パッラディーノ、MFのティアゴ・モッタらが加入し、スペクタクルなサッカーをさらに進化させる。リーグ戦ではASローマ、ACミラン、ユヴェントスを撃破するなどの成果を挙げた。また、終盤までACFフィオレンティーナとUEFAチャンピオンズリーグ出場権を争い、同勝ち点ながら直接対決の成績で及ばなかったものの、5位でUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。

2009-10シーズンは開幕前に主力のミリートとモッタを放出したことも影響し、UEFAヨーロッパリーグはグループリーグ敗退[2]、リーグ戦は9位でシーズンを終えた。

翌2010-11シーズンも指揮をとったが、開幕より成績が低迷し、2010年11月8日に解任が発表された。

イタリアでは珍しい3-4-3システムによる攻撃サッカー。
やはりここが重要なんだろうね。
特に敵のボールの際は5バックというよりも片方のサイドハーフが引く4バックのスタイルになるらしい。ここらへんは早いことチームに取り入れて約束事を作り上げてほしい。
ジェノア時代を良く知ってるミリ兄、モッタには復活のチャンスだろうね。
特に、ミリ兄!もういちど3トップの真ん中で輝いてほしいな~







モッジが牛耳っていたユーベに属していた時に「監督にマネージメント会社がつくべきではない」とGEA(社長はモッジの息子)からの誘いを断るなどクリーンな人柄も非常に好材料。

「最も私を苦しめた監督。イタリア人の中で最高の監督だ」
あのモウリーニョをしてそう言わしめたといわれるガスペリーニ。
彼の元でまたサネッティがスクデット(願わくばビッグイヤー)を掲げる日が来ることを願ってやまない。
23:30  |  インテル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://indusmasa.blog23.fc2.com/tb.php/124-6a6816d1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。